公認心理師 2020-23

家族再統合に関する問題です。 家族再統合は、その成否にかかわらず行う必要があります。 そう考える理由は解説内で示しています。 問23 児童の社会的養護における家族再統合について、最も適切なものを1つ選べ。 ① 家庭復帰が…

公認心理師 2020-20

介護保険適用サービスを選択する問題です。 誤りの選択肢も何かしらに基づいて行われているので、それも含めて覚えておくことが重要になります。 個人的には、こういう問題は幅広い理解が必要なので大変だろうと思います。 問20 介…

公認心理師 2020-46

合理的配慮に関する問題です。 頻出の問題と言ってよさそうですから、障害者基本法をはじめ、各法律や各省庁の見解もしっかりと理解しておくようにしましょう。 本問の内容自体はそこまで難易度が高いものではないと思います。 問46…

公認心理師 2020-50

精神保健福祉法の内容ですが、ほとんどの選択肢が条項通りの記載になっています。 精神障害やその疑いのために、措置入院が必要になってくる状況があります。 本問では、その前段階である「通報」について集中的に問うてきています。

公認心理師 2020-42

 高齢者虐待防止法に関する問題です。 そこまで難しい内容ではありませんが、細かいところで迷いが生じるかもしれません。 その迷いが本番では普段ならしないミスを誘いますから、確かな知識をもって解くことができるように…

公認心理師 2019-153

問153は示された事例状況において、地域包括支援センターの対応として適切なものを選択する問題です。 介護保険の申請がなく、認知症もないとされていますので、その時点で除外できる選択肢がありますね。 問153 85歳の男性A…

公認心理師 2019-147

問147は高齢者虐待および保護観察中の問題行動に関する設問となっています。 クレバーに状況を判断することが求められている事態だと感じます。 現時点で、何が言え、何が言えないのか、そういう判断は実際の臨床場面でも重要なこと…

公認心理師 2019-144

問144は虐待を受けていた児童の反応を見立てる問題です。 事例の経緯に加え、児童の示している反応を記述し、それらを総合して適切な見立てを選択させるという、非常にオーソドックスなタイプの問題です。 問144 9歳の男児A、…

公認心理師 2019-134

問134は親権に関する問題です。 親権それ自体の問題は選択肢①や選択肢②になりますが、それ以外は児童虐待との関連で覚えている人も多いと思います。 過去問にも類似の内容がありましたね。 問134 親権について、正しいものを…

公認心理師 2019-143

問143は虐待種別を選択する問題です。 事例の内容を読んで、どの虐待に該当するかを判断する必要があります。 各虐待の内容については、厚生労働省のページや「子ども虐待対応の手引き」に詳しいです。 問143 13歳の男子A、…