公認心理師 2019-134

問134は親権に関する問題です。 親権それ自体の問題は選択肢①や選択肢②になりますが、それ以外は児童虐待との関連で覚えている人も多いと思います。 過去問にも類似の内容がありましたね。 問134 親権について、正しいものを…

公認心理師 2019-143

問143は虐待種別を選択する問題です。 事例の内容を読んで、どの虐待に該当するかを判断する必要があります。 各虐待の内容については、厚生労働省のページや「子ども虐待対応の手引き」に詳しいです。 問143 13歳の男子A、…

公認心理師 2019-103

問103は成年後見制度に関する問題です。 公認心理師法第3条の「欠格事由」の一番最初に「成年被後見人又は被保佐人」が挙げられておりますね。 問103 成年後見制度について、正しいものを1つ選べ。 ①成年被後見人であっても…

公認心理師 2019-117

問117は生活困窮者自立支援制度に関する問題です。 こちらの支援制度は、生活困窮者自立支援法が根拠法となっております。 問117 生活困窮者自立支援制度に含まれないものを1つ選べ。 ①医療費支援 ②家計相談支援 ③就労準…

公認心理師 2019-72

問72は虐待の可能性が高いとして一時保護された女子生徒への児童相談所としての対応を問う内容です。 児童相談所職員の職権の範囲を理解していることが大切になりますね。 心理支援では「自分がどこまでできて、どこからはできないの…

公認心理師 2019-36

問36はアルツハイマー型認知症の患者に対して公認心理師が実施することの選択です。 意外と過去問との絡みが多い設問でした。 問36 Alzheimer型認知症の患者に対して公認心理師が実施するものとして、不適切なものを1つ…

公認心理師 2019-21

問21はマルトリートメントに関する設問です。 マルトリートメント=不適切な養育ということを知っていることが前提ですね。 メディアに友田明美先生が出演されていることも多いので、知っている方も多いかなと思います。 問21 マ…

公認心理師 2019-20

問20は児童虐待による死亡事例の傾向に関する問題です。 単に統計資料として記憶するのではなく、なぜそのような統計結果が生じるのかを理解することが実際の事例と関わる上では大切なことです。 (※本問は採点除外等の取扱いとなっ…

公認心理師 2019-59

問59は虐待状況における幼児の初期反応について問うたものです。 大切なのは「それまで安全だった家庭が、安全ではなくなった」というところですね。 問59 2歳の女児A。母親が専業主婦であり、保育所には通所していない。母子関…

公認心理師 2019-52

問52は合理的配慮に関する問題です。 こちらはいくつかの法律が絡んだ上で「障害者差別解消法」があるので、その流れを掴んでおくことが前提になりますね。 問52 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律について、正しいも…