公認心理師 2020-118

ここ数年の児童虐待の傾向と、その理由についての理解を問う問題です。 虐待事例に関わることが多い人であれば基本的な内容だと言えますし、どの領域にいても虐待は関わる可能性がある事態ですから理解しておきたいところです。

公認心理師 2020-139

高齢者に対する虐待の種別に関する問題です。 事例の内容が、法律で定められているいずれの虐待種別に該当するか同定できることが求められています。

公認心理師 2020-121

発達障害者支援法に関する問題です。 内容は定義や支援対象など、基本的な項目になっていますから、間違いなく押さえておきたいところですね。

公認心理師 2020-111

ここ数年の痛ましい児童虐待による死亡事件によって、その対策として児童相談所の体制や連携強化の重要性が指摘されています。 この問題は、その点について明確に示した資料をもとに作られています。

公認心理師 2020-15

ケース・アドボカシーの意味について問う内容になっています。 単純な構造の問題ですが、それ故に知らないと解けない問題かもしれません。 ただ、アドボカシーの意味がわかっていれば、比較的解ける問題だったと思います。 問15 ケ…

公認心理師 2020-76

本問は2020年の午前問題で一番迷いました。 今でもこの解答が正しいと確信はありませんが、現時点での考えを示しておきます。 問76 5歳の男児A。Aは、実父からの身体的虐待が理由で、1か月前に児童養護施設に入所した。Aは…

公認心理師 2020-23

家族再統合に関する問題です。 家族再統合は、その成否にかかわらず行う必要があります。 そう考える理由は解説内で示しています。 問23 児童の社会的養護における家族再統合について、最も適切なものを1つ選べ。 ① 家庭復帰が…

公認心理師 2020-20

介護保険適用サービスを選択する問題です。 誤りの選択肢も何かしらに基づいて行われているので、それも含めて覚えておくことが重要になります。 個人的には、こういう問題は幅広い理解が必要なので大変だろうと思います。 問20 介…

公認心理師 2020-46

合理的配慮に関する問題です。 頻出の問題と言ってよさそうですから、障害者基本法をはじめ、各法律や各省庁の見解もしっかりと理解しておくようにしましょう。 本問の内容自体はそこまで難易度が高いものではないと思います。 問46…

公認心理師 2020-50

精神保健福祉法の内容ですが、ほとんどの選択肢が条項通りの記載になっています。 精神障害やその疑いのために、措置入院が必要になってくる状況があります。 本問では、その前段階である「通報」について集中的に問うてきています。 …