公認心理師 2022-22

問題の説明に合致する概念を選択する問題です。 過去問で出ている概念でしたが、そのときの解説が甘かったですね。

公認心理師 2022-10

トランスアクショナルモデルに関する説明を選択する問題です。 他の選択肢も有名な考え方ばかりですが、意外と今までの過去問できちんと説明が求められたことはなかったように思います。

公認心理師 2022-33

精神保健福祉法に基づく入院形態に関する問題です。 各入院形態に関する正確な知識を得るには、こういう問題を解くのって非常に良いと思うんです。

公認心理師 2022-23

BPSDに関する問題ですね。 類似した問題も出題されているので、認知症とBPSDに関してはよく勉強しておく必要があると言えます。

公認心理師 2022-37

うつ病に対する認知行動療法の技法に関する問題です。 一つだけ、ある特定の問題に対して用いられる技法がありますね。

公認心理師 2022-47

職場における自殺のポストベンションに関する問題です。 「ポストベンション」と聞くと専門的な感じがするかもしれませんが、どの領域にも共通する自殺時の危機介入の理解で解ける内容だったと思います。

公認心理師 2022-54

コミュニティ・アプローチに関する問題です。 完璧に解こうと思うとBloomの示した考えを把握しておくことが大切ですが、そこまで把握していなくてもボンヤリとでもコミュニティ・アプローチに関する理解があれば解きやすい内容だっ…

公認心理師 2022-55

障害者権利条約に関する問題です。 条約の中身を把握していることも大切ですが、一般常識で解くことが可能かなと思います。 そういう意味で非常に易しい内容だったと言えます。

公認心理師 2022-56

過去問でも出題された通知に関する問題です。 通知自体は改訂されていますが、出題内容は改訂と関係なく作成されておりますね。

公認心理師 2022-13

見たことのある選択肢が3つもあるので解説も簡単だろうと思っていたら、思ったよりも難物でした。 初出の2つの理論に関して、多くの受験生がわからなかったのではないかなと思います。 せめて2択まで絞りたいところだなと思いますね…