公認心理師 2021-116

災害支援者を対象としたストレス対策に関する問題です。 もうお馴染み、デブリーフィングに関する内容が出ていますね。

公認心理師 2021-107

児童福祉法に定められている内容に関する問題です。 実際は2019年の法改正に関する理解が問われていますし、学ぶ上では正答以外の選択肢の根拠法を知っておくことが大切ですね。

公認心理師 2021-94

グレゴリー・ベイトソンのダブルバインド理論に関する問題です。 不適切選択肢の概念は、家族療法の他学派の重要概念になりますから、こちらも併せて覚えておくと良いでしょう。

公認心理師 2021-91

コールバーグの道徳性発達理論に関する問題ですね。 コールバーグに関しては、解説でちょっと触れている以外は公認心理師試験では初出、臨床心理士試験では過去に出題がありますね。

公認心理師 2021-87

A. H. Maslowの欲求階層説に関する問題です。 かなり基本的な問題ですから、これは「絶対に」落とさないようにしなければならないと思っておきましょう(間違った人には厳しく聞こえるかもしれませんが、やはりこういう問題…

公認心理師 2021-80

他職種の業に関する理解を問う内容になっています。 各資格の根拠法の把握と、そこに記載されている業の把握が求められていますね。

公認心理師 2021-79

クライエントの発言から、最も優先的に考慮すべきものを選択する問題です。 多くの人が思い浮かべる性被害以外にも、見立てを有しておきたいものです。