公認心理師 2020-150

発達障害(ADHD)の事例に対する支援法についての問題です。 より具体的な方針について浮かべながら臨むことで、より自信をもって答えることができる問題だと思います。

公認心理師 2020-134

不登校に関する歴史的な変遷と、現在の不登校支援についての理解が問われています。 不登校の歴史については、まとまった書籍がいくつか出ていますから、一読しておくと良いかもしれませんね。

公認心理師 2020-96

CDRという認知症評価法について理解していることが求められています。 認知症の評価スケールは数多くありますし、過去に多くの検査が出題されているので、各検査について基本的な情報は把握しておきたいですね。

公認心理師 2020-93

物質関連障害、わかりやすく言えば依存症に関する問題です。 過去問ではかなり専門的な内容が出題されるなど難解な問題もありましたが、本問に関しては依存症領域の基本的な専門用語に関する理解が問われています。 依存症を学ぶ上で当…

公認心理師 2020-153

学校での発達障害事例への対応に関する問題です。 発達障害に関する基本的な理解、学校現場での具体的な対応に関する理解が求められています。

公認心理師 2020-90

MMPIに関するやや突っ込んだ内容の問題になっています。 過去問でも妥当性尺度の解釈が出題されていますから、MMPIに関しては詳しく理解しておくことが求められていますね。

公認心理師 2020-87

本問では「社会的排斥」を含む理論について選択を求められています。 実際に必要なのは、社会心理学における代表的な理論に関する理解です。 試験としては初出の理論もいくつかありますが、古くから示されている代表的な理論ばかりです…

公認心理師 2020-100

教育においては、児童生徒を何らかの方法によって評価していくことになります。 その評価方法に関する問題となっています。 今年度は、教育心理学からの出題も多くみられますね。