公認心理師 2022-11

嚥下反射の中枢が存在する部位に関する問題です。 脳の各部がどういう機能を担っているかは頻出問題と言えそうですね。

公認心理師 2022-28

コルチゾールの過剰状態に伴う症状を選択する問題です。 「公認心理師 2018追加-100」でコルチゾールの過剰状態について少し書いていますが、ストレス反応の問題だったのでそこまで詳しくは述べていませんでした。 とは言え、…

公認心理師 2022-12

高次脳機能障害の遂行機能障害で生じる事柄を選択する問題です。 他にも注意障害、記憶障害、失語症などがありますから、それらとの違いも含めて理解できていると良いですね。

公認心理師 2021-25

ホルモンの作用を問う問題です。 代表的なホルモンの作用を理解しておくことは、過去問から見ても必要だと言えますから、比較的解きやすい問題であったと思います。

公認心理師 2021-29

せん妄に関する問題です。 意識障害の一様態であり、多くの疾患に併存しうるものですから、しっかりと覚えておくようにしたいですね。

公認心理師 2020-103

大脳皮質の運動関連領域に関する問題です。 「前頭葉」とか「一次運動野」だけならまだ簡単なのですが、それ以上の知識が求められていますね。 ブロードマンの脳地図は有名ですから、今回の出題を機に覚えるようにしておきましょう。

公認心理師 2020-74

本事例は、まずクライエントの見立てを行うことが大切になります。 明らかに優先順位を付けることができる疾患が想定されますから、それに沿った対応を選択することになります。 問74 21歳の男性A、大学3年生。Aは将来の不安を…

公認心理師 2019-84

問84はリハビリの手法に関する問題ですね。 リハビリについて詳しい方にとっては、それほど難しくない内容だったのではないでしょうか。 問84 脳損傷後に記憶障害を呈する者に対して、スケジュール管理のためのメモリーノートの使…

公認心理師 2019-83

問83はホルモンと関連が深い視床下部-下垂体系に関する問題です。 ホルモンに関しては過去にも必ず出題されている内容ですね。 問83 視床下部-下垂体系の解剖と生理について、正しいものを1つ選べ。 ①視床下部のニューロンの…