公認心理師 2024-72

事例状況での行われている面接法を推定し、必要な対応を選択する問題です。 まずは何という面接法が行われているのか理解していないと解けない問題ですね。

公認心理師 2024-55

少年事件の調査における家庭裁判所調査官の業務に関する問題です。 少年事件では、いろんな施設や役割が絡んでくるので、まとめて覚えておくようにしておきたいですね。

公認心理師 2024-3

説明文に合致する職種を選択する問題です。 こういう問題では、各職種の法的根拠を把握しておくのが最初の手続きになりますね。

公認心理師 2024-41

刑事施設における性犯罪再犯防止指導の内容に関する問題です。 RNRモデルを基盤にしていることを理解していれば(そしてRNRモデルの基礎的なことがわかっていれば)、比較的解きやすい内容だったと思います。

公認心理師 2023-154

動的リスク要因・静的リスク要因の弁別が求められている問題です。 簡単に言えば「現在から変え得るもの」であるか否かで判断していくことになります。

公認心理師 2023-135

保護観察において保護司が担う役割を選択する問題です。 保護司の法律上の立場を理解しておくと解きやすいのではないかなと思います。

公認心理師 2023-115

裁判員裁判に関する問題です。 この制度の根拠法である「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」に基づいて解説していきましょう(この法律名を知っておくだけで、選択肢を一つ削れますね)。