公認心理師 2022-42

「よき人生モデル(Good Lives Model)」に関する問題ですね。 初出の内容ですから、大枠が理解できるように解説していくことにしましょう。

公認心理師 2022-75

情状鑑定で検討する事項に関する問題です。 この問題、実は事例の内容は全く見る必要はなく、完全な知識問題であると言っても良いです。 最後の「情状鑑定で検討する事項として、誤っているものを1つ選べ」だけ読めばノータイムで正答…

公認心理師 2022-71

事例に該当する犯罪理論を選択する問題です。 過去問の内容と重なる面が大きいですし、事例が「犯罪を思い止まった」という点が重要ですね。

公認心理師 2022-25

少年院における処遇に関する問題です。 単に法律を把握しているだけでは解くことができない、やや突っ込んだ内容になっていました。

公認心理師 2022-41

犯罪被害者基本法に基づく被害者支援制度に関しては、過去問でも角度を変えて何度か出題されています。 頻出領域といっても良いでしょう。

公認心理師 2022-58

少年法に基づく触法少年の扱いに関する理解を問う内容ですね。 正答を選びにくいものもありますが、正答以外の選択肢を除外することがしやすいので比較的解きやすい内容だったと思います。

公認心理師 2021-148

裁判員制度に関する問題です。 裁判員制度に関する問題は「公認心理師 2018-53」でも出題がありますね。 本問と関連する内容も含まれていますから、復習しておくと良いでしょう。

公認心理師 2021-100

情状鑑定に関する問題です。 刑事責任能力鑑定(いわゆる精神鑑定)やその種類についても理解しておくことが求められています。 これらすべてをひっくるめて「鑑定」と呼びます。