公認心理師 2021-148

裁判員制度に関する問題です。 裁判員制度に関する問題は「公認心理師 2018-53」でも出題がありますね。 本問と関連する内容も含まれていますから、復習しておくと良いでしょう。

公認心理師 2021-100

情状鑑定に関する問題です。 刑事責任能力鑑定(いわゆる精神鑑定)やその種類についても理解しておくことが求められています。 これらすべてをひっくるめて「鑑定」と呼びます。

公認心理師 2021-24

保護観察所において生活環境の調整が開始される時期に関する問題です。 法律や規則を少し読み込まないといけない問題でしたね。

公認心理師 2021-57

司法場面における認知面接に関する問題です。 司法面接自体は子どもを対象にしている場合が多いのですが、こちらは大人を対象とした司法面接法の一つですね。

公認心理師 2020-141

事例の内容と適合する非行理論を選択する問題になります。 ここで挙げられている非行理論は、すべてかなり古いものになりますし、なかなか一般の辞書には載っていませんね。 原著の翻訳も古く、なかなか手に入れるのが難しいので、解説…

公認心理師 2020-101

少年犯罪の統計に関する問題です。 主に犯罪白書(令和元年度)を参考に解説していきます。 犯罪白書をすべて理解しなくても良いのですが、大まかな傾向については一読して理解しておくことをお勧めします。