公認心理師 2020-107

精神保健福祉法における精神障害者の入院形態について問われています。 精神障害者の入院形態については非常に問題にしやすい内容ですから、各入院形態の内容がごっちゃにならないように理解しておきましょう。 問107 精神保健及び…

公認心理師 2020-79

わざわざ「精神科領域における公認心理師の活動」としてはありますが、実際は精神科だから解答に独自性が生まれるというほどの内容ではありません。 各疾患や支援法に関する理解が前提とされている問題になります。 問79 精神科領域…

公認心理師 2020-78

情報提供に際して必要なことに関する理解が問われています。 正答は医療の知識がなくても選べますが、大切なのはそれ以外の選択肢に関する理解ですね。 問78 公認心理師が、成人のクライエントの心理に関する情報を医療チームに提供…

公認心理師 2020-75

高齢者に対する睡眠衛生指導に関する問題です。 この手の問題は複数出ており、不眠症の男性に対する助言(2019-152)、高血圧症以外の問題が無い高齢者への助言(2019-64)などです。 本問では、それ以外の医学的知見も…

公認心理師 2020-64

状況を踏まえ、最も蓋然性がある疾患や問題を同定する問題です。 まず、挙げられている選択肢について説明できることが前提ですね。 本問でターゲットになっている疾患は、医学的に学ぶというよりも、テレビ番組等で見聞きした人が多い…

公認心理師 2020-51

問51はインシデントレポートに関する問題です。  インシデントについては、産業領域の過去問で出ていましたね。 定義はどの領域でも変わらないと言えます。 問51 入院患者が公認心理師の面接を受けるために、病棟の面…

公認心理師 2020-32

 医療法に関する理解を問う内容ですが、必要なのは各病院種がどういったことを目的として設置されたかを理解していることです。 明確な知識がなくても2~3択くらいには絞れそうな感じがありますね。 それぞれの病院が担っ…

公認心理師 2020-4

 問3に続いて自殺予防の問題になっています。 本問は「ポストベンション」という用語に関する理解が問われています。 この用語はブループリントに直接的な記載はありませんが、その概念を理解していれば「自殺予防」に含有…

公認心理師 2020-3

 自殺予防に関する問題です。 おそらく正しい答えを選ぶのはそれほど難しい問題ではなかったと思います。 ですが、正答以外の選択肢についても深く掘り下げて考えていくことが、「未見の問題」を解くために必要なことですか…

公認心理師 2019-150

問150はDV被害者に生じやすい心理の理解に関する問題です。 いろいろな書籍はあるのですが、DV被害者の辿る心理についてできる限り描き出してみました。 実感をもって伝わると良いのですが。 問150 25歳の女性A。Aは夫…