公認心理師 2021-137

クライエントの問題を先行事象・標的行動・結果事象という捉え方に基づいて考えていく問題です。 「先行事象・標的行動・結果事象」からどういう理論が思い浮かぶか、がまずは大切ですね。

公認心理師 2021-132

ケースフォーミュレーションに関する問題です。 私にとっては「見立て」に関して当たり前のことを述べているに過ぎない概念ですから、横文字で言われてもあまりピンときません。

公認心理師 2021-141

事例に対して適用となるだろう行動療法的な技法を選択する問題です。 各技法の理論的背景と、その具体的方法を知っておけば比較的解きやすいと言えますね。

公認心理師 2021-96

ある特徴が示されており、その特徴に合致する心理療法を選択する問題です。 最近いろんな心理療法が出てきていますが、「完全な新作」というのは今の時代、出てこないと思ってよいでしょうね。 古臭い言い方ですけど、やはり「温故知新…

公認心理師 2021-94

グレゴリー・ベイトソンのダブルバインド理論に関する問題です。 不適切選択肢の概念は、家族療法の他学派の重要概念になりますから、こちらも併せて覚えておくと良いでしょう。

公認心理師 2021-54

マインドフルネスに基づく認知行動療法を選択する問題です。 正答の把握はもちろんですが、正答以外の選択肢が設定された背景についても考えておくと良いでしょう。

公認心理師 2021-17

ブループリントにも明確に記載があり、過去にも複数回出題されている「関与しながらの観察」に関する問題です。 過去問を理解しておけば取りやすい問題だったと言えますね。

公認心理師 2021-18

心理療法におけるセラピストとクライエントの関係性の中で生じる現象に関する理解が問われている問題です。 個人的に「負の相補性」を単独の概念と見なすにはしっくり来ていないのが正直なところですが、他の選択肢に関してはきちんと把…

公認心理師 2021-9

ロジャーズのパーソナリティ理論に関する問題です。 ロジャーズの理論では受容・共感・一致などが有名どころですが、自己理論ではロジャーズが人間をどのように捉えているのか、についてが示されています。