公認心理師 2020-93

物質関連障害、わかりやすく言えば依存症に関する問題です。 過去問ではかなり専門的な内容が出題されるなど難解な問題もありましたが、本問に関しては依存症領域の基本的な専門用語に関する理解が問われています。 依存症を学ぶ上で当…

公認心理師 2020-126

DSM-5の急性ストレス障害に関する問題です。 単純に診断基準に関して問われていますが、背景に「外傷体験とはどういったものなのか」に関して理解していることが重要になります。 この辺も含めて述べていきましょう。

公認心理師 2020-149

境界性人格に対する支援についての問題です。 精神分析学を背景とした理解が求められており、かなり昔からこうした場面への対応は示されています。 問149 17歳の女子A、高校2年生。Aは、自傷行為を主訴に公認心理師Bのもとを…

公認心理師 2020-92

うつ病を疑わせる発言を選択する問題です。 ちょっと変わった形式ですが、各疾患の特徴を掴んでおけば解きやすい問題と言えるでしょう。 問92 うつ病を疑わせる発言として、最も適切なものを1つ選べ。 ① 眠る必要はないと思いま…

公認心理師 2020-54

PTSDに関する理解を問う内容になっております。 PTSDに関してはこうした形式の問題が多いですね。 幅広く理解しておくことが求められていますね。 問54 トラウマや心的外傷後ストレス障害〈PTSD〉に関連するものとして…

公認心理師 2020-62

事例を読んで、ある精神医学的問題が同定できるかがまずは前提となっている問題です。 その上で、必要な関わり、しない方が良い関わりなどを考えていくことになります。 この問題に限らずですが、特定の病理に見られる「人間としての特…

公認心理師 2020-41

睡眠薬の副作用と他の薬剤による副作用の弁別が求められる問題です。 解説の内容はほぼ医学書院から出版されている「臨床精神薬理ハンドブック」からの引用です。 薬理に関しては、この書籍が個人的には一番使いやすいです。 問41 …

公認心理師 2020-69

神経性やせ症/神経性無食欲症と思われる事例に対する「公認心理師の支援」を見分ける問題です。 こうした問題を解いていて思うのは、症状をどのように見なして関わるのかは資格試験であっても大切だろうということです。 クライエント…