公認心理師 2021-32

ある制度の特徴を述べ、それに合致する制度を選択する問題です。 正解は導きやすいですが、他選択肢の制度も学ぶようにしておきましょう。

公認心理師 2021-61

子どもの問題行動と、その変化をどういう要因と見なすか、に関する問題です。 発達に関する概念とそれらが年齢横断的にどういう変化を辿るのかを理解しておくことが重要ですね。

公認心理師 2021-60

事例の見立てと対応に関する問題です。 どこまでの展望をもって提案を行っているかについて、それなりの意見を示せることが大切ですね。

公認心理師 2021-53

要保護児童対策地域協議会(通称、要対協:ようたいきょう)に関する問題です。 関係機関との情報共有の重要性の認識を背景として定められている、というのが私の理解です。 協議会が定められたことで、市区町村の役割はより能動的なも…

公認心理師 2021-52

セクハラの防止対策に関する問題です。 「個人情報を守る」という感覚の隙を突いたような問題になっていますから、各機関の性質をしっかり理解しておくことが大切ですね。

公認心理師 2021-30

特定健康診査と特定保健指導に関する問題ですね。 多くの人が受けているものですが、何を根拠として行われているのかきちんと把握しておきましょう。

公認心理師 2021-31

医療法で規定されている医療提供施設を選択する問題です。 こういうタイプの問題では、正答以外の選択肢で挙げられている機関の法的根拠や役割を知っておくことが大切ですね。

公認心理師 2021-47

公認心理師の基本的なコンピテンシーに関する問題です。 現任者講習会テキストを持っている人は、かなり解きやすい問題だったでしょうね(読んでなくても解きやすいけど)。