公認心理師 2024-76

自傷行為をしている生徒の担任へのコンサルテーション内容に関する問題です。 何をするにしても、まずは見立て・アセスメントをきっちりとやりつつですね。

公認心理師 2024-74

事例の状況を踏まえた地域包括支援センターの支援に関する問題です。 各サービス・支援が、どのような状態像の人が対象になるかを知っておきましょう。

公認心理師 2024-72

事例状況での行われている面接法を推定し、必要な対応を選択する問題です。 まずは何という面接法が行われているのか理解していないと解けない問題ですね。

公認心理師 2024-70

事例状況を踏まえ、刑事施設が特別調整の中で優先的に連携する機関を選択する問題です。 各機関の特徴を掴んでおきましょう。

公認心理師 2024-67

事例の病態の理解に関する問題です。 事例を読んで特定の疾患が浮かぶのが理想で、そうなれば1分もかからずに次の問題に移れます。 そういうことが試験においては大切です。

公認心理師 2024-71

いじめ状況における校内委員会の対応に関する問題です。 最近、簡単にいじめを認めない例が多く、学校の対応も厳密にしていく必要が高くなってきました。

公認心理師 2024-75

事例の状態と関連が深い症状を選択する問題です。 事例をどういう状態と見立てるかが重要な問題になっていますね。

公認心理師 2024-73

スクールカウンセラーとしての助言内容を選択する問題です。 見立てがよくわかってない、という状況を踏まえて考えていきましょう。

公認心理師 2024-68

事例が入所している施設を選択する問題です。 あまり事例の状態像などは関係がない内容ですから、事例問題に見せた知識問題と言えるでしょう。