公認心理師 2021-148

裁判員制度に関する問題です。 裁判員制度に関する問題は「公認心理師 2018-53」でも出題がありますね。 本問と関連する内容も含まれていますから、復習しておくと良いでしょう。

公認心理師 2021-150

ひきこもり状態になっている大学生の両親への支援に関する問題です。 本問では「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」を引用しつつ、私なりの見解を交えて解説していきましょう。

公認心理師 2021-110

チームアプローチにおける公認心理師の姿勢に関する問題です。 本問の解説に役立つような書籍や知見もあるとは思うのですが、一つひとつの選択肢について文献を引用するのも大変なので、今回は私の考えを中心にして解説していきましょう…

公認心理師 2021-82

研究計画から最も適した分析方法を選択する問題です。 要因数、被験者間or内or混合、分散分析とt検定の違いなどの知識が問われています。

公認心理師 2021-100

情状鑑定に関する問題です。 刑事責任能力鑑定(いわゆる精神鑑定)やその種類についても理解しておくことが求められています。 これらすべてをひっくるめて「鑑定」と呼びます。

公認心理師 2021-83

剰余変数の統制に関する問題です。 本問が「剰余変数の統制についての問題だな」と思えることが、まずは大切ですね。

公認心理師 2021-153

見立てに基づいた対応を選択する問題です。 状況から見てある疾患を想定することは比較的しやすいと思いますし、出題側もそれがわかることを前提に問題を作っていますね。

公認心理師 2021-105

依存を生じやすい薬剤を選択する問題です。 本問は薬剤の副作用に関する問題であり、その薬剤の副作用の中でも特に「依存」を生じさせるものを把握していることが求められています。 ですから、学ぶ上では各薬剤の副作用を把握するとい…