公認心理師 2020-91

説明文が指し示している概念を同定する問題です。 選択肢で挙げられている概念は、似たような面も持ち合わせていますが、どういったところで弁別できるのかを考えておくことが重要ですね。

公認心理師 2020-135

健康日本21(第二次)に関する問題です。 こちらはブループリントに記載がありますから、「こころの健康」に関する項目に関しては把握しておきたいところです。 勉強するうえでは、正答以外の選択肢についてどのようなことが述べられ…

公認心理師 2020-43

本問は可視的差違という、初出の問題内容になっております。 明確な資料や文献を手に入れることもできず、わずかな論文や関連しそうな書籍からかき集めた知識で解説しています。 よりより資料が手に入れば修正する可能性もありますので…

公認心理師 2020-34

感情労働に関する基本的な内容を問うていますので、勉強していればそれほど難しい問題ではありません(感情労働概念まで勉強しているかどうかが難しいところですね)。 支援者のケア、支援者のメンタルヘルスという領域に関する問題と言…

公認心理師 2020-61

本問はプロチャスカの多理論統合モデルに関する内容になっています。 ほぼ類似の問題が過去に出題されていますし、今回の問題はそれよりもずいぶんわかりやすい内容であったと思います。 正直、事例の内容がわざとらしいほどわかりやす…

公認心理師 2018追加-135

健康日本21(第二次)について、正しいものを2つ選ぶ問題です。 健康日本21とは、正式名称「21世紀における国民健康づくり運動」であり、2000年(平成12年)に厚生省(現在の厚生労働省)によって始められた第3次、第4次…

公認心理師 2018追加-17

バーンアウトについて、正しいものを1つ選ぶ問題です。 近年、ヒューマン・サービス従事者に対する要求がずいぶん高いように感じます。 こういう状況はバーンアウトを生じさせやすいと言えますね。 いわゆる「燃え尽き症候群」のこと…

健康日本21

どうしても定着しづらい項目の一つ「健康日本21」です。 何度も自分なりにまとめていますが、やはりわかりにくい。 【プリシード・プロシードモデル】 ◎プログラムの計画立案、実施、評価の各段階で、健康に関する知識の提供のみな…