公認心理師 2019-16(修正・最終版)

 第2回公認心理師試験の問16が長く間違ったままにしてありますね。

タイトルには「解説に誤りがあります」とあるのですが、なかなか正答に理由をつけることが難しいというのが正直なところでした。

第3回が間近に迫っていますので、現時点で書けそうなことを書いていこうと思います。

まず、選択肢①②⑤についてはそのままで良いだろうと思っています。

問題は選択肢③と選択肢④です。

まずは解説しやすい選択肢④から行きましょう。

④多くのテストを含む固定的なバッテリーが仮説を検証するために用いられる。

既に他のページで述べていますが、選択肢④の解説は「多くのテストを含む固定的なバッテリーは、仮説の検証ではなく、仮説の創出のために用いるものである。すなわち、目の前の患者の脳機能のどこに問題があるかが明確でない時に、それを検証する(≒見立てをたてる)ために固定的なバッテリーを実施し、その見立てに応じて可変的なバッテリー(≒ある特定の問題に特化した下位尺度)を実施する」ということで良いだろうと思っています。

「多くのテストを含む」という点から、何かを検証するために用いるというよりも広範に問題を把握するために用いると見なすことができますね。

「仮説を検証するため」であれば、もっと焦点を絞った、すなわち「多くのテストを含む」のではなくて「仮説に沿った項目のみを扱ったテスト」が妥当になると思われます。

以上より、選択肢④は誤りと判断できます。

③固定的なバッテリーの補完としてウェクスラー式知能検査が用いられる。

本選択肢の固定的とは「一つの検査をフルで固定して行うこと」とすると、本選択肢は「一つの検査をフルで固定して行うことの補完として、ウェクスラー式知能検査が用いられる」となりますね。

かつて解説をした時には見落としていたのですが、本問は「神経心理学的テストバッテリーについて」問うたものですね。

以前の解説でも述べている通り、高次脳機能には以下のようなものがあります。

高次脳機能の機能としては以下のようなものが挙げられます。

  1. 意識(覚醒):
    認知活動の基底部でありこここが機能しない場合には、他の階層の評価は意味をなさない。
  2. 全般的注意・作業記憶:
    覚醒状態が前提となって様々な認知活動が行われるが、その舞台となるのが全般的注意あるいは作業記憶の水準である。
    特定の機能にスポットライトを当てたり、複数の機能を同時並行的に動かすことができる。
  3. 記憶:
    覚醒と注意の機能を前提として初めて成立する。
  4. 認知・行為・言語:
    これらは人間の知能を支える機能のうち、道具的機能と言われるものであり、障害された状態は、それぞれ失認・失行・失語と呼ばれる。
    高次脳機能の中で脳内基盤の解明が進んでいる領域であり、病巣からの病状予測も可能。
  5. 遂行機能:
    何らかの目的の達成のために、認知・行為・言語などの道具的な機能の使用計画を立案し、計画に沿ってペース配分を考え、効率的に運用する。
    前頭葉が関与する重要な機能であり、Goldbergはこの機能をオーケストラの指揮者と見立てている。
  6. 自発性:
    種々の道具的機能を動かす原動力。

このように高次脳機能には様々な機能があるわけですが、この中でウェクスラー式知能検査がカバーできる範囲は比較的広いとは言え限られています。

知能や記憶関係の認知機能を中心に評価できるのがウェクスラー式知能検査ですから、それ以外の機能を調べることは困難なわけです。

よって、ある検査の補完として、すなわち、ある検査に加えて知能や記憶関係の認知機能を詳しく調べるのにウェクスラー式知能検査を用いるということはあり得るということですね。

よって選択肢③は正しいと判断できます。

振り返ってみて、私が本問の解説を間違えたのは「ウェクスラー式知能検査を中心としつつ、他の検査を加える」というやり方を日常的に行っていたためだと思います。

ウェクスラーという比較的広範な検査を「固定的」に行い、その上で他の検査を「補完的」に行っていたわけです。

その習慣によって「ウェクスラー≠補完」というルートができあがっていたのだと思います。

思い込みは怖いものですね。

しかし、問題文にあるとおり「神経心理学的」なテストという前提に立てば、ウェクスラーはその一領域をカバーしているにすぎないことは明白です。

その視点から捉えれば「ウェクスラー=補完的に用いる」ということがすんなりと納得できました。

もしかしたら私のような思い込みによって本問に納得感が訪れていない人がいるかもしれませんので、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です